エールキッズサポーターのご紹介

エールキッズでは、スポーツプログラムの考案や子どもたちのサポートなど、各界著名人の方々に様々なご声援をいただきながら、子どもたちが健やかに伸び伸びと成長していける環境づくりを行なっております。
このページでは、エールキッズの活動をサポートしていただいている著名人の皆さまをご紹介させていただきます。

堀内 恒夫氏 / 元読売巨人軍監督

スポーツは思い切り体を動かして楽しむと同時に、心と体を鍛えてくれます。
私自身、幼少 の頃よりスポーツの世界で人生の大半を過ごしてまいりましたが、スポーツに支えられたからこそ、いまの自分があると思っています。

エールキッズのスポーツプログラムは、プロスポーツ選手の監修の元、子どもたちにスポーツと触れ合う機会を増やしてくれると共に、自主性や頑張ることの重要性を楽しみながら学ぶことが出来る、子どもたちの情操教育にとても良いプログラムだと思います。

学童という限られた時間の中ではありますが、このような時間を通じて、子どもたちが健やかに、将来に明るい希望をもって育ってくれることを願っております。

堀内恒夫
星野 一樹氏 / レーシングドライバー

「スポーツは、単にその技術を高めるだけではなく、人間力も高めてくれるものだと思います。また、技術を高めるだけでなく物事に取り組む過程で努力することが、人を育てるのだと思います。エールキッズの様々な楽しいプログラムを通じて、これからの未来を担う、より沢山の子どもたちにスポーツの素晴らしさを学んでもらえるよう、私もサポートします。」

星野 一樹プロフィール:
父(元レーシングドライバーの星野一義)の影響を受けて1999年にカートレースを始め、レーシングスクール「SRS-F」に入学。2000年にイギリスに渡り、フォーミュラ・フォードやフォーミュラ・ルノーなどに参戦。

2002年に帰国し、全日本F3選手権に参戦。

翌2003年からは全日本GT選手権(現SUPER GT)に参戦、デビューイヤーながらもチャンピオン争いに加わった。

2008年にSUPER GT・GT300でシリーズチャンピオンを獲得すると、2010年のGT300クラスで再びシリーズチャンピオンを獲得する等、現在もSUPER GTを主戦場に活躍を見せている。

齊藤 祐也氏 (ブログ) / ラグビー元日本代表

「エールキッズで子どもたちの成長と可能性の芽を伸ばす基礎づくりのサポート、体づくりの基礎となるキッズ運動能力向上プログラムのお手伝いをさせていただきます。」

齊藤 祐也プロフィール:
高校1年からラグビーを始め、弱冠 2 年で高校日本代表に選出される。

高校卒業後はラグビーの名門・明治大学に入学し、1年生からレギュラーを獲得。
全国大学ラグビー選手権に出場し優勝。4年時には主将を務める。

大学卒業後はサントリーに入社、一年目のシーズンからレギュラーを獲得し、「日本ラグビーフットボール選手 権大会」連覇など社会人でもタイトル獲得に貢献。

2002 年フランス 1 部リーグ・ US コロミエに海外移籍。日本人離れした恵まれた体型から繰り出されるパワ ーとスピードを武器に、フォワードとして日本人初のプロ契約選手となった。
帰国後、神戸製鋼とプロ契約し、一年目のシーズンで「ジャパンラグビートップリーグ」初年度の優勝に貢献。その後、豊田自動織機所属時には、トップリーグ昇格の原動力となった。

代表歴は、7人制、10 人制日本代表、日本代表 A(15 人制)の各カテゴリーで選出。 2003 年にはオーストラリアで行われた W 杯に出場。日本代表キャップ数(出場数)は 14。

2011 年現役を引退。
現在、株式会社コーディネーション・アカデミー代表取締役に就任し、子どもの球技全 般・陸上(かけっこ教室)・ダンス教室を開催。
ラグビー普及活動として、全国各地でラグビー指導とラグビー解説者の活動を行っている。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
エールキッズとは
エールキッズのスポーツプログラムについて
料金
エリアと一日の流れ
エリアと一日の流れ
施設写真